コラーゲンやプラセンタのサプリメントを飲むことで美肌になれると言われています。しかし自分にとって合う、合わないサプリメントがあります。サプリメントを服用することで美しくなりたいのに、美容とは逆効果になってしまっては困ります。ニキビができたり、太ったり、生理痛が重いと感じたり……。サプリメントを服用する上での注意点はどういったところにあるのでしょうか。

プラセンタサプリメントに注意!

コラーゲンと並んで人気のプラセンタ。プラセンタは、胎盤のことで、お腹の赤ちゃんと母親をつないでいます。プラセンタのサプリメントは胎盤エキスを含む栄養補助食品で、アミノ酸、ミネラルも総合的に含み、栄養素を効率的に補います。

サプリメントには粒、ゼリー状、粉、プラセンタ注射があります。ただ、副作用で太った、ニキビができたなどクチコミも聞かれるため、注意して服用する必要があります。

こんな副作用がある!あなたは大丈夫?

プラセンタサプリメントを飲む時は副作用を確認してから飲むようにしましょう。また、肌に異常が出たら飲むのを中止することも大切です。

プラセンタでにきびが増えた

プラセンタを使うようになってにきびが増えた、脂性肌になったクチコミの声も聞かれます。ホルモンのはたらきには、皮脂の分泌を促進するものがあり、20代や30代の皮脂が十分に足りている肌の人にとってはにきびができやすくなります。

いわゆるサプリメントの効きすぎになり、脂性肌の人がプラセンタサプリメントを服用する時には肌を清潔にして、ふき取り化粧水を併用してオイルコントロールをする必要があります。

プラセンタで太る人も!

プラセンタで太るのは胎盤に含まれるIGF遺伝子によるものです。血糖値に影響を与えるインスリンと関係性が深く、プラセンタを飲むことで食欲が増す人もいます。妊娠中に太るように、プラセンタサプリメントを服用すると太る人も多いです。食べ過ぎには気を付けるようにします。

プラセンタで月経が重くなる

生理に関してもプラセンタが影響を与える説があります。人によって生理の出血量が増えた人、生理痛がよくなったクチコミもあり、個人差が大きいです。更年期治療にも医療用のプラセンタが使われているため、ホルモンに影響を与える効果があると考えられています。

プラセンタでアレルギー症状が起こる

肌のかゆみや赤み、発疹、発熱が起こることもあります。プラセンタサプリメントに含まれるアミノ酸は、アレルギーの原因になることもあります。豚プラセンタではなったものの、他の馬や羊、ヒトのプラセンタでは大丈夫といったように原料での差もあります。アレルギー反応が出たら飲むのをすぐに中止します。