美容に興味のある人が、個人輸入をして、海外で販売されているハイドロキノンやトレチノインのクリームを入手して使っている人もいます。ただ、実は海外と日本では薬事法も違い副作用が起こるかもしれません……。実は、怖い事実がありました。

ハイドロキノンとトレチノインとは?

ハイドロキノンやトレチノインは、美容皮膚科でも処方される成分です。日本で禁止されているわけではありません。

ハイドロキノンとは……美白化粧品に含まれる成分で、シミ原因になるメラニン生成をする時に、チロシナーゼ酵素が活性するのを抑制できる成分のこと。一般的な美白成分よりも効果があるため「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

トレチノインとは……ビタミンA誘導体の一種で、ニキビのほか肝斑(かんぱん)治療薬としても使われる成分。しわにも効果があり、目尻のしわに美容皮膚科で使われることもあります。使用開始後は皮が剥けたり、副作用もあります。

海外の通販で気をつけるべきことは濃度です。
美容皮膚科でも使いながら肌の調子を見て、副作用がないかを調べることで継続使用が認められています。副作用が強いため、肌が弱い人は赤みやかゆみが出たり、間違った使い方で肌のトラブルが出てしまうこともあります。効果があるからこそ副作用のデメリットも理解することが重要です。日本には薬事法がありますが、ハイドロキノン2%以上の製品は販売不可です。

ただし、個人輸入は厚生労働省にも認められていて、自分自身で注文して使う点には許可されています。ただ、トレチノインのサプリメントとして服用するイソトレチノインは個人輸入も不可。妊婦の人は胎児に影響があるかもしれないので、購入しないようにしましょう。また、個人輸入をしたハイドロキノンやトレチノインは人への譲渡はだめです。

個人輸入をしたハイドロキノンのクリームの使い方

濃度の強いクリームを使うなら

・綿棒でシミや肝斑など気になる部位にだけ塗る
・冷蔵庫で保管して酸化を防ぐ
・酸化して色が変わってしまったら捨てる
・夜に使うのがおすすめ(日中は日焼け止めを厚く塗らないと肌トラブルになりやすい)

を守るようにしましょう。

過去に、美白成分が強い化粧品を販売して自主回収した日本メーカーの製品では、部分的に白くなった「白斑反応」が出ました。日本の場合は自主回収制度がありますが、海外の場合では薬事法が違い、濃度も高い製品が多く、日本とは違うことに注意をしなくてはいけません。もし、異常が出たら使用を中止しましょう。