冬の時期は身体がかゆくなってしまって、掻きはじめると止まらない……。もし、そんな人がいるなら、お風呂の時間でダメ出し項目があるはずです。自分自身のお風呂時間をチェックして、ボディケアの第一歩を踏み出しましょう。

お風呂でやっているN.G.行動とは?

以下のことをお風呂でやっていると、N.G.行動です。

・ごしごし洗う
→肌が摩擦で傷んでしまいます。かゆみ、赤みにつながり肌のトラブルにつながってくることも。泡のボディソープを使ってみましょう。

・強めのシャワー水圧
→好みもありますが、水圧が強いことで、これも肌トラブルにつながります。シャワーした後にかゆい人は要チェックです。

・長時間の入浴が好き
→女性に人気の半身浴ですが、長時間の入浴は肌の乾燥を招きます。もし半身浴をするなら入浴剤を入れて肌あたりを柔らかくすることで、肌を乾燥から守ってくれます。

・熱いお風呂が好き
→好みもあります。しかし、あまりにお風呂の水が熱すぎると肌の乾燥につながります。皮脂が流れてお風呂中からも乾燥がはじまります。

入浴後も注意!お風呂後スキンケアが肝心

注意しなくてはいけないのは入浴後もです。お風呂から出てからも肌は乾燥していくので、お風呂から出たらすぐに保湿ケアをします。理想は15分間以内です。

ただ、お風呂後ではなくて「お風呂の中で」ケアすることもできます。顔は導入液のオイルやジェルを塗り化粧水をつけ、ボディにはクリームやオイルを塗ります。水分を補うだけでなく油分もつけることでボディの乾燥を防ぎましょう。

最近ではボディクリームを塗ってシャワーで流してもいい製品が出てきました。子供と一緒にお風呂に入り、出た後にケアができないのならお風呂場内でケアが終了するアイテムを選ぶのもひとつのコツです。

同様に、ハンドケアも水しごとをした後は重要です。コラーゲン量は加齢によってどんどん失われていきます。

(ずぼらの人のためのハンドケア)
1.ハンドクリームを塗る
2.上からゴム手袋をつける
3.手袋をつけて温かいお湯でお皿洗いをする。

水しごとをした後にクリームをつけると、浸透するまでに時間がかかります。ハンドクリームをつけたままゴム手袋装着で、水しごとができる「ながらケア」の方法があります。雑巾がけやお風呂掃除も同じく、手を守るためにゴム手袋を装着して行うことで、肌を守ることができて、ハンドクリームをあらかじめ塗っておくとパーツ美人になれます。