パソコンやスマホを毎日使う現代人ですが、ブルーライトの影響は私たちの体を痛めつけていることを知っているでしょうか。ブルーライトは、パソコンを仕事で使っているのならふだんから浴びてしまっています。そして、目の疲れや目のクマなどにブルーライトが影響していたとか……。

ブルーライトとは何?

ブルーライトは目に見える光でもある可視光線で最もエネルギーが強い光のことです。目の角膜、水晶体を通過し、網膜まで届きます。そのため目の疲れを引き起こすと考えられています。

パソコンや携帯電話でもスマホのようなLEDのディスプレイでは、過去のブラウン管よりもブルーライトを発光しています。パソコンを毎日仕事で使う男性や女性、そしてスマホを通勤や通学中に利用する人はブルーライトを日常的に浴びてしまい、影響も大きいと考えられています。

ブルーライトの影響として、特徴的なのは青グマができること。クマには茶グマ、青グマ、黒クマがありパソコンやスマホによるクマは 青グマです。

青グマは目の周囲の血行不足が原因のクマです。毛細血管の血流が悪くなり血液の色が青く見えることから「青グマ」と呼ばれています。 長時間のパソコン使用で首、肩が凝ってしまい血行不良を招きます。また、ブルーライトによって眼精疲労を発生させて目の周囲の血行も悪くなります。

こればかりではなく、ブルーライトは体内時計を崩してしまい、いい睡眠を妨げてしまいます。寝不足になって他のクマができてしまうこともあります。

青グマの予防策はこれ!

青グマは血行不良によるものです。目の周囲を温める使い捨てのアイマスクを使うほか、電子レンジで蒸しタオルを作り、目の周囲や首、肩も温めて血行をよくしていきましょう。

(蒸しタオルの作り方)

1.ふきんを用意する。
2.濡らして軽くしぼる
3.電子レンジで1分弱温める
4.ほどよい温度になったら完成です。
冷たくなったら、再度、2.と3.の工程を繰り返すと蒸しタオルを作ることができます。

また、睡眠をよくするために 寝る前にはスマホを使わないようにしましょう。ブルーライトを浴びることで脳が興奮して眠りが浅くなり、夜中に起きてしまうこともあります。寝る時にも入眠のタイミングがうまくつかめなくなるケースもあります。

また、パソコン用のメガネを使うことも効果的です。企業によっては仕事中にかけることを義務付けられているブルーライトをカットできるメガネが売っています。ブルーライト量を少なくすることで、目の疲れ度合いも軽くなり、眠りが浅くなることを防げます。働いているとパソコンはどうしても使います。連絡の手段やニュースの取得としてスマホを使う人も多く、生活から取り除くことはできないため、使う時にはブルーライトを浴びにくいようにすることが大切です。